債務整理の費用を把握【0円で手続きできる】

返済に困ったら

電卓とバッジ

債務整理を弁護士費用の安さ重視で選んでしまうとさまざまなリスクがあります。見た目の費用だけ安くて実はあらゆる名目でお金が発生してしまう、依頼を引き受け過ぎて人員が不足し債務整理の手続きが進展しないなどです。

詳しく見る

借金返済が出来ない

ジャッジガベル

借金返済が厳しい、債務整理をしたいけれど弁護士費用が捻出できないから放置している、それだと余計に状況を悪化させるだけです。現代では、債務整理は相談費用も無料ですし、他に弁護士費用も分割や後払いに対応しています。

詳しく見る

借金問題後回しにしない

女性

借金の返済が長期間滞納しているにもかかわらず、何もしないで放置しているのは状況を悪化させるだけです。債務整理の費用が無いからといっても今の時代は、無料相談は当たり前です。法律事務所によっては無料診断や分割払いに対応してくれます。

詳しく見る

弁護士相談がおすすめ

法律書

過払い金請求は、個人で行った方が費用もかからず戻ってくるお金も多いイメージがありますが、自分で計算すると計算が間違っているケースが多く法的知識がないと難しいのです。債務整理に特化している事務所であれば、費用無料で行えますのでまずは相談することです。

詳しく見る

借金をどうにかしたい

男性

現在抱えている借金をどうにかしたい、それであれば弁護士に債務整理を依頼することです。相談費用は無料な事務所がほとんどであり、任意整理を依頼すると受任通知を発送し督促がストップ、後は弁護士が返済条件や債務額の圧縮を交渉します。

詳しく見る

過払い金取り戻したい

天秤

書類がなくてもOK

何年も前に完済した消費者金融からの借金、債務整理の法律事務所のテレビCMや新聞の折り込み広告などを見てもしかしたら自分にも過払い金が発生しているかもしれない、そう思ったら今すぐにでもお電話やメールで相談をすることです。早急に過払い金の債務整理相談をしなければならない理由とは、何年も前に完済したとなると時効を気にしなければならないからです。過払い金は、完済をされてから10年経過してしまうと時効により請求できる権利を失ってしまうのです。それだけでなく近年では過払い金返還が経営を圧迫して倒産してしまう貸金業者が相次いでいます。倒産してしまえば、請求もできなくなるのです。相談費用は無料である事務所がありますので、まずはそこで相談をします。弁護士費用が不安という方も債務整理を専門に行っている法律事務所であれば、完済をしている債権であることを条件に着手金費用無料、成功報酬も取り戻した過払い金から清算するので実質手元から支払う費用は0円で手続きできます。しかし、完済した時に当時の契約書やカード、利用明細書などを捨ててしまっているという方でも借りていた会社名さえ分かれば調査してもらうことができます。貸金業者は債務整理をする旨の受任通知が到着すると、顧客特定を行います。住所や氏名、生年月日、運転免許証の番号など本人特定できるものがあれば取引データを探すことができるので、会社名さえ分かれば過払い金調査できるのです。